腰痛が改善された男性

日中は腰が痛くないのに、朝起きた時だけ腰が痛いという人は意外に多いようです。その原因と朝の腰痛対策について説明します。

腰痛には生活習慣や、仕事内容、寝方など、いろいろな原因のタイプがあるようです。長岡市 整体では、身体の歪みを調整して、腰へ集中している負担を減らし、痛みを改善するようです。

寝方

実は仰向けに寝るのが、腰にとっては負担がかからない寝方なのですが、仰向けだと安定しないという人が多いのも事実です。つまり、腰回りのゆがみが原因でベッドや寝床に腰が安定してついていない状態になるのです。

例えば、右方向ばかり向いて寝ている場合は、そのまま続けていると歪みがひどくなって、腰痛が悪化する恐れもあります。

寝方に人それぞれの特徴があるように、腰痛にも人それぞれの特徴があります。
接骨院 岡崎市は、世界でも有名な治療器具を取り入れており、朝起こりやすいギックリ腰や寝違い専門の施術を行っているようです。

血液循環

人間は日中よりも、朝の寝起きの方が血液の循環が悪くなっています。特に腰回りの筋肉が硬くなっている人は、普通の人よりもさらに血液の流れが悪くなるために腰が重たく感じてしまうのです。

夜の食事

夜遅くに夕食を摂る習慣のある人は内臓に負担がかかり、内臓神経反射によって、腰・背中の筋肉が硬くなってしまうため痛みを感じてしまいます。寝る前の2時間は食事をしないようにしましょう。

朝の腰痛対策(準備編)

布団の中で仰向けに寝て、寝たままで大きく伸びをします。次に足首を前後に数回動かし、手首をぶるぶると振ります。

次に膝を曲げて、そのままの状態で右か左に倒します。右左交互に数回倒しましょう。ここまでが布団の中の準備運動です。

布団から出てストレッチ

1.立って片方の腕を前回し10回、後ろ回し10回。反対の腕も同様に回す。
2.腰に手を当て、無理のない範囲で腰を右方向と左方向、共に10回ずつ回す。
3.踵を挙げてつま先立ちをする。(ふくらはぎを使っているイメージ)踵を下ろして休む。10回行う。

少しだけ時間に余裕をもって起き、ストレッチをして快適な一日を過ごしましょう。

今までご説明したように、自分でできる腰痛対策の方法は、色々ありますが、腰痛専門の治療院の札幌市 腰痛でアドバイスをもらうのも一つの手段だと思います。